| Admin | Write | Comment |
Calendar
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:井上始子
職業:WEBデザイナー、バッチ財団登録プラクティショナー
自己紹介:
1966年、北海道札幌生まれ。美大入学で上京して都内で就職。デザイナー、アートディレクター職を中心に経験を積み、会社員として多忙な日々を送る中、2001年、友人の紹介でスピリチュアルなワークショップに参加し、自分が魂の存在である事を実感し、深く癒された。

その後、ワークショップを開催されたWhole Life Designsの荘司さんに師事してバイオオートノミーを学び始め、片っ端から癒しに取り組んだ。2006年から札幌へ戻り、さらに深い家族の癒しに挑戦。荘司さんの薦めで2008年よりバッチ国際教育プログラムにも取り組みました。

2012年現在、フリーランスとしてWebデザイナー業を続けながら、正式にバッチ財団登録プラクティショナーとなり、バッチフラワーを通じた癒しのサポートを開始しました。
アーカイブ
カウンター
忍者アナライズ
Search
Bar code
Links
謝 辞
当LogBookは、私が初めて個人的に開設したブログです。ホールライフデザインズの荘司久美子さんからブログの活用を薦めて頂き、立ち上げの際は、構成・内容・デザインについてコンセプチュアルな側面から、大切な助言を頂きました。心より感謝いたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011年秋、見えない大きな力に支えられて、沢山の壁を乗り越え、ついに父と私と弟の4人で、そろって韓国の地に立つことができました。存在すら知らなかった父側の親戚が次々に集まり、暖かく私たちを迎えてくれました。

75年もの空白の年月を超えて、親戚が見つかっただけでも感謝すべき状況なのに、まさか、94歳のお姉さんと生きて再会できるとは想像もしませんでした。


以前から折りにふれ、父の韓国の親戚は探さないのかと聞かれたり、アドバイスしてくれる人もいましたが、第二次世界大戦前に別れたまま1度も連絡を取っていなかったそうで、父自身、実家の住所も家族の名前もうろ覚えで、そう簡単に見つかる訳がないと思っていました。また、私自身、父と上手くコミュニケーションができず、韓国がどうこう以前の状況でした。

しかし、スピリチュアルな癒しを学び、札幌に戻り「父と韓国へ行くプロジェクト」に取り組み始めて、すぐに、「偶然と幸運」が重なり、父の親戚が見つかりました。韓国はもとより、日本の大学にいるという甥やロスに移住していた妹からも父へ電話が入りました。

そこからは、急流を乗り越える勢いで、韓国渡航へむかって現実は急展開していきました。うまい具合に、家族の中で唯一渡航経験者の私がツアコンとなり、寝る暇もない1週間をやり遂げ、無事再入国して家にたどり着いた時は、たいへん疲労困憊していましたが、今までに味わった事の無い深い安堵と深い幸福感に満たされ、私のチャレンジは終わりました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

韓国旅行をやり遂げて半年以上経ち、やっと自分が何をやっていたのか整理ができてきたところです。自分の意識をはるかに超えた(ソウル)の目的を達成したことがどういう事か、私にはまだよく解っていないようですが、何か底知れない強い影響を日に日に感じています。

具体的には、2008年の春に、師事している荘司さんから高次元の意図を受け取り、このプロジェクトは始まりました。「お父さんを韓国へ帰したいという強い情熱を感じる」と聞かされて初めて、自身気づいていなかったその情熱が心の深いところにあることに気付きました。それからは居ても立ってもいられなくなり、弟と領事館へ行くと、現実も急展開し始めたのが事の始まりと思えます。

しかしそもそも何故この高次の意図を受け取ることができたのか、さらに考えているうちに、本当の始まりは2001年にスピリチュアルなワークショップに参加した時からだったに違いないという実感、結論に達しました。

父と韓国へ行くプロジェクト Vol.2に続く (執筆中)



PR


Title & footer images of this blog by x-kattywatty / 忍者ブログ [PR]